2018年7月18日(水) 06:29 JST

オーストラリア連邦 クリスマス島_プロローグ

  • 投稿者:
  • 表示回数 3,907
オーストラリア連邦 クリスマス島 クリスマス島旅行記(34島目) Christmas Island  

下の写真をクリックしてください

カメラマン・長田勇さん

クリスマス島

ジンベイザメ

(全長7m)

撮影者 関 康則さん

リトルニッパー

水中カメラマン・長田勇さん

ブルークラブ

アカガニの孵化

ヤシガニ

放卵のスタンバイ

アカガニの赤ちゃん

アカガニ

クリスマス島の港

空からのクリスマス島

長田 勇さん

オーストラリア国旗とクリスマス島の旗

クリスマス島
クリスマス島
クリスマス島
クリスマス島
クリスマス島
クリスマス島
クリスマス島
クリスマス島
クリスマス島
クリスマス島
クリスマス島
クリスマス島

偶然乗り合わせた
沖縄在住の長田勇さん(
42歳)
は05年の12月にテレビ取材の為

インド洋に浮かぶクリスマス島へは
二度目の訪島である 

浅黒く日焼けした顔はたくましく
海に生きる男にピッタリ

クリスマス島

こらラッキーや、
エエ旅の道連れが出来たワ

 まだ見ぬアカガニに心を躍らせ機上の人となる
200624TBSテレビ放映)

クリスマス島はアカガニと地球最大の海の王様
ジンベイザメで有名な島である 

カニと言えば当然
海の近くか川に棲んでいると思うのだが
この島のカニは陸に棲んでいる

産卵のため、海岸までの大移動は
道路が真っ赤になるらしい 

それを見にやって来た 

バリ島のデンパサール空港

カニの王国、クリスマス島行きの空港待合室に
日本人は私達夫婦と、あと一人の三人だけ

一月末でこの路線も無くなる
週一便の機内には、
わずか30人程度の乗客 

二月からは日本―シンガポール経由となる 

I「アカガニの産卵は撮らはりましたんか?」

O「エエ、12月の放卵時期に海岸で撮影しました」

I「どうでした?」

O「それはすごいの、一言につきます」

I「ほな一月はもうダメでっか?」

O「イヤそんなことはありません、
  まだ放卵していないカニもいっぱいいます」

I「何という番組ですか?」

O「世界ふしぎ発見!」です

I「エッ!その時の水中カメラマンですか?」

next
top

プロローグ