2018年8月19日(日) 18:35 JST

オーストラリア タスマニア島_プロローグ

  • 投稿者:
  • 表示回数 2,834
オーストラリア タスマニア島(16島目) Australia Tasmania Island  
next
top

ホバートの港

美しい公園

石造の家

早速、小鉄と町を散策。

「まるで映画のセットのような町やネ」

 何処の庭にも花がいっぱい。

町並みは美しく手入れが行き届いている。

 しかし、急な坂道が多く、
チョットそこまでの積りが息も切れるほどだ。

 「こりぁ歩いては無理やで」

 日曜日のせいか港は人で賑っている。

抜けるような青空。空気が旨い。それもその筈、
観測所のデーターで、
世界一空気のきれいなことが公式に認められているという。

 きれいな雨水で育った野菜、家畜から作られるチーズ。

北海道の80%の面積を持つタスマニア島は、
四分の一が大自然の残る国立公園で、世界遺産になっている。

その形から別名「リンゴ島」とも呼ばれ、
夏でも30℃を越える事はない。

 訪れた2月は南半球の夏で、
半そでに薄手のセーターで快適だ。

州都ホバートは南東部に位置する港町。
19世紀を思わせる古い家並みが続き、

石造りの倉庫は歴史を感じさせる。


ワインもさぞかし美味いだろうと、
食い意地の張った二人はスーパーへ。

 野菜はみずみずしく、色も鮮やか。

小さめ目のリンゴは1ケ20円ほどの安さ。

お目当てのカマンベールチーズ
$3・45(300円)。
早速、試食する。

舌の上に乗せると旨味が喉の奥に流れていく、
とろけるほどクリ―ミーな味。

毎日癖になりそうな絶品だった。

プロローグ