冒険旅行記 地球の島めぐり 旅の鉄人 鉄人60 池内嘉正

THE WORLD ISLAND EXPEDITION  China 地球的島巡遊  South Korea.jpg 지구의 섬순방



アクセスカウンター

メディアギャラリー

サイトカレンダ

« 2017年 06月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ログイン

ログイン

キューバ共和国_プロローグ

  • 2007年5月22日(火) 11:57 JST
  • 投稿者:
    tetujin60
  • 閲覧件数
    3,206
キューバ共和国 キューバ旅行記(36島目) Republica de Cuba
 

next

ここタクシーに乗る筆者

ラム酒のハバナクラブ

ラムの試飲

ラム工場の模型

ココタクシ

1950年代のクラッシクカー

ホテルや街角でも昼から生演奏

キューバの代表的な飲み物
モヒート

町の子供たち

市バスのらくだバス

町の楽器店

釣大会でヘミングウェイ

新市街の五つ星ホテル

カバーニャ要塞で国際観光博

ホワイトハウスと良く似た旧国会議事堂

キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国

彼の足跡は至る所で観光名所になっている
夕方ともなるとラム酒に酔ったキューバ人が

警官に注意を受けるが
観光客に迷惑をかけるような事は無い


観光客も多いが警官の数も多い
思っていたイメージとは逆に安全な町である

町を歩けばハポネかチャイナかと声がかかる

新聞売りや物売りも
心地よい距離を置いているのは有難い

日本の野球は「世界チャンピオン」―だと
何処へ行っても友好の視線を感じる

あまりにも有名なのは「ヘミングウェイ」

このキューバを愛し20年間を
過ごしたと記されている

首都ハバナは新市街と旧市街に分かれているが
旧市街の町全体は世界遺産である

キューバの国民はここをラ・アバーナと呼ぶ
LaHabana、スペイン語ではH
を発音しない)

新市街は五つ星のホテルが立ち並んでいるが
海岸線は岩ばかり

海の色はカリブのコバルトブルーと
書けないのが残念

世界遺産の旧市街は人間臭さのある町
酒と音楽の社会主義の町は
驚くほど物価が安い

1519年サン・クリストバル・デ・ハバナは
キューバの首都として生まれた

どこかで聞き覚えのある名前は
2ヶ月前に訪れたガラパゴス諸島の

「サン・クリストバル島」だった
 
同じスペイン領土では良く似た
名前が使われている

レストランや街角の至る所で
サルサやルンバの音楽が聞こえてくる

情熱的なリズムとは別に素朴な国民性は
深夜を待たず節度を持って終わりを告げている

酒と音楽の国「キューバ」で暖かい
もてなしを受けるとは予想もしなかった

ヘミングウェイの通った
バーやレストランに興味をそそる

ひとつ彼の足跡をたどってみるか!

top

プロローグ

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.tetujin60.com/trackback.php/2Cuba
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。