2018年11月19日(月) 15:49 JST

マダガスカル共和国 マダガスカル島_ムロンダヴァ

  • 投稿者:
  • 表示回数 4,614
マダガスカル共和国 マダガスカル島(26島目) Madagscar Island  
top
next

バオバオの木

ムロンダヴァの空港

バオバオの木

白ぶどうを皮のまま絞ったワイン
酸味があるが・・・

各戸は塀に囲まれている

バオバオの木の皮を説明するガイド

ボロは着てても明るい子供たち

バオバオの子供たちと小鉄(女房)

グレーのワイン

ガイドラリブスア・リボマヘファ(30)に
絵を描いてもらってやっと3種類だけ
見分けることが出来た

貧困な村の子供達はバオバオの並木道の観光客に群がる
現地語で何を言っているのかサッパリ解らないが
ガイドが「お土産」をせがんでいると…。

 あめ玉を上げるツーリストワァッと集まり
ゲットした子供達が手のひらを広げて自慢する

バオバオの木に最初に出会った時は
「エッ何やこりゃ」
絵で見ていたときと大違い
その不思議な姿に圧倒される

まるで「エリンギ」のお化けのようだ
100倍ぐらいはおまっせ。

アフリカオーストラリアにも生息するらしいが
このマダガスカルになんと8種類もある

どの木を見ても皆同じに見える
よく観察すると確かにその違いが発見できる


赤土で出来た村落も各戸は囲いで強調しているのは
貧しさから来る習慣だろうか

かつてはフランスの植民地であり
アジア系の先住民と奴隷として連れられてきた

アフリカ人とが交わりマダガスカル独自の民族が生まれた
動植物は固有種が多くキツネザル類はこの島にしかいない

ムロンダヴァ