冒険旅行記 地球の島めぐり 旅の鉄人 鉄人60 池内嘉正

THE WORLD ISLAND EXPEDITION  China 地球的島巡遊  South Korea.jpg 지구의 섬순방



アクセスカウンター

メディアギャラリー

サイトカレンダ

« 2017年 12月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ログイン

ログイン

イタリア共和国 ベネチア_バーカローめぐり-1

  • 2008年12月26日(金) 10:17 JST
  • 投稿者:
    tetujin60
  • 閲覧件数
    4,537
イタリア共和国 ベネチア(58島目)

サン・マルコ広場から
リアルト橋の付近で出会った風景。
運河の横にある新鮮な魚市場に
毎朝通う。

水の都にゴンドラが静かに浮かぶ風情。

街角のランチタイム

OSTICCERI

白ワイン

たこのマリネ・アンチョビ・たらのすり身のサラダ

生パスタのゴルゴンぞーら

カラフルなフルーツが露店で販売

開店前のバーカロを見学

肉屋にはソーセイジがずらり・・・

ワインを飲む筆者

モッアレラチーズのフライ

ロスティケリ

ボラボラ ピッザリア

AL MAROAアル マルカ

『ムーロ』

業1462年と言えば室町時代である 
日本でも今はやりの立ち飲みスタイル 
550年前からここで営業していると
聞いてびっくり!
町の中心リアルト橋から2~3分

魚市場の前の細い路地の奥にひっそりと佇む

店内は超満員、観光客の団体のようだ 
天井から骨董品の鍋が下がり、
なかなか老舗の風情 

兎に角イタリア人はよくしゃべる 
さすがの私もたじたじだ

ビヤンコ(白ワイン)の味も口に合う。
チケッティ(つまみ)を三品注文

カニ爪のオリーブオイル漬
(カマボコ)サーデンミンチ・ボールミート(トマト味)

イタリア人の感覚で立ち飲み屋の
つまみと思えばお洒落である 「味?」う~ん?

二人で2000円とはベニスでは安い ★★

『ド-モーリー』

Italy

V E N E Z I A

酒屋と思うほどワインが並ぶ 
細長い店頭には両サイドに出入口がある

二階はレストランとなり着席で食事が出来る

取り敢えずビヤンコ ドウエ 
イタリアは白の方が食事に合う 

ワングラス
15ユーロは安い 
その分グラスが小さいのと違うか?

(大阪商人丸出しの計算が働く)

タコのマリネ、アンチョビのすり身のサラダ、

サーディンのオリーブオイル漬の三品を
少しずつチョイスしてくれる 

嬉しいね 

ワインと良く合うつまみに二杯目を注文
「アンコーラ」

タイミングよくカラマリが出来上がる

カラマリ(イカの空揚げ)
アジのマリネにサラダをもう一品
(中身は鱈のすり身?)

これもアツと言う間に胃袋に納まる 

隣席のお年を召したシニョーラが
良く食べるジャポネを見て
ニッコリと笑いかける

挨拶の仕様が無いので「ヴォーノ・ヴォーノ」(美味しい)

とすかさず返事 
締めて
34ユーロ(約5000円)は今まで一番の贅沢

食事は安くて旨いが一番 本日の夕食 星 ★★

next

店内は何故か南太平洋風のポスターが貼ってある
 
店員はインド人中国人などのアジア系が多い 

ゴルゴンゾーラ生パスタ(平麺の自家製)
12ユーロ
 
食のイタリアに来て初めて旨い物にめぐり会えた

“美味しい”“旨い”と小鉄の手が伸びる 
★★

市場の広場へと進むと店の前に人が溢れている 

パーティでもやっているのか70~80人はいるだろう。

輪の中に入って行くとその奥にカウンターがある 

メニューを見ると驚く安さ

「ロッソ ウノ」大きなグラスに入った
赤ワインがカウンターに出てきた 

私のイタリア語も通じるものだ 

ワングラス
2ユーロ ユーローの下落で(270円) 

こんな所で円高の恩恵を受けるとは嬉しい 

味も悪くない 
若者でいっぱいの広場は活気に溢れている

こんなに流行っている店も見たこと無い 
そう言えば昨夜もこの辺は人が集まっていた





ワイン、シャンパン、カンパリ、カクテルスピルッツ… 

小雨がぱらついて来たがワインのお陰でお腹も空いてきた 

今夜も食事のハシゴか 

路地を歩けば必ずどこかの店に出会う ★★ 

宿泊しているホテルはリアルト橋のすぐ横 
昼夜観光客で賑う。地の利は最高

観光に来て観光客を見ているだけで退屈しない 

橋を渡って市場のすぐ傍 
店の前にはパイプ椅子とテーブルが並ぶ

ここも店内は観光客の団体 
地元の人はもっと遅い時間に来るらしい

ガラスケースを覗くとチケッティの数も少ない 
それも揚げ物ばかりだ

イカのフライ、
モッツァレラチーズのパンの挟み揚げ、
ピーマンの肉詰めフライ

今夜は胃薬が必要だ

どれを食べても味の変化が無い 
バックミュージックも若者向きのテンポの早い曲

小鉄の声が聞こえないほどの音量 
15
分で店を後にした さぁ飲みなおしだ 

しかし腹の足しにはなりまへん ぶらっと歩いて見つけた店が中華料理『天津』

パスタのラーメン・酢豚にザーサイと豚肉の炒め、春巻きに赤ワイン

兎に角お腹はいっぱいになったが値段もそれなり… ★ 

バーカロめぐり-Ⅰ

top