冒険旅行記 地球の島めぐり 旅の鉄人 鉄人60 池内嘉正

THE WORLD ISLAND EXPEDITION  China 地球的島巡遊  South Korea.jpg 지구의 섬순방



アクセスカウンター

メディアギャラリー

サイトカレンダ

« 2017年 12月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ログイン

ログイン

エクアドル共和国 ガラパゴス諸島=Ⅱ_サンタ・クルス島

  • 2007年5月23日(水) 17:24 JST
  • 投稿者:
    tetujin60
  • 閲覧件数
    3,519
エクアドル共和国 ガラパゴス諸島= Ⅱ ガラパゴス島旅行記=2(35島目) Galapagos Island
 

遥か彼方に見える本船

ガラパゴスペンギン

フラミンゴ

本船を待つゾデアックボート

ガラパゴス諸島
ガラパゴス諸島
ガラパゴス諸島

海がめ

ヒトデ

撮影者 KUROU

撮影者 KUROU

ガラパゴス諸島
ガラパゴス諸島
ガラパゴス諸島
ガラパゴス諸島
ガラパゴス諸島
ガラパゴス諸島
ガラパゴス諸島
ガラパゴス諸島
ガラパゴス諸島

ビーチで待ちくたびれているところに
無線が入りボートへ乗船

どこへ行きまんねん!!!

はるか彼方の島を目指し荒海を
2艘のゴムボートで行くアドベンチャー

乗客の顔は緊張で引きつっている

時折波をかぶり
30分を過ぎた頃に
やっと本船の白い姿が視界に入る

島の北側にある
ラス・バーチャス・ビーチへ上陸

自然の中に突然と現れるラグーン

ここにも一羽のフラミンゴが餌を漁っている

海中はウミガメにペンギン
アシカにシャークとビックリの連続
トロピカルな珊瑚こそ無いが結構楽しめる

集合時間が来ても本船の姿はどこにも見えない

ワンクルーズの客を飛行場のある
バルトラ島へ送りに行ったままである

大海原のアドベンチャー

ところがもう一艘のボートが後続していない
ガイドが必死で無線連絡を
取っている

しばらくは大海原の上で全員沈黙

「ガーッ・ガガ-ッ」と無事を知らせる声が届く

手の色が変わるぐらいボートの
サイドロープを握り締めているので

右腕はもうパンパンだ

安堵感と疲労で昼食後はベッドに2時間も沈んだ

top
next

サンタ・クルス島

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.tetujin60.com/trackback.php/3Galapagos2
  • エクアドル共和国 ガラパゴス諸島=Ⅱ_サンタ・クルス島
  • 0件のコメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。