2018年7月16日(月) 17:32 JST

バハマ連邦 ニュー・プロビデンス島_エルーセラ島

  • 投稿者:
  • 表示回数 5,859
バハマ連邦 ニュー・プロビデンス島(37島目) New Providence Island  

上の写真をクリックすると
スライドショーが始まります

バハマママを飲む小鉄

ピンクサンドビーチ

島の散策はカートで

赤丸の所がエルーセラ島

高速船のチケット売り場に並ぶ筆者

ナッソーからの高速船

ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島

二回ほど道を尋ねてお目当てのビーチに到着

なんとも美しい砂浜は確かにピンク色をしている

指先でつまんで見ると小さなピンク色の
貝殻のような物が混じっている

パウダ状の砂は指の間からサラサラとこぼれ落ちる

ロマンチックな砂浜では
恋人同士が肩を寄せ合っている

何だか命の安らぎさえ覚えるビーチに癒される

一日ツアー(169㌦)はランチ(20㌦)と
カートが一台付いているので
納得のいく値段

港にはゴルフカートがすでに行儀良く並んで
我々を待っている

一台のカートが支給され
自由に島の探索をどうぞと地図を渡される

団体行動でないのが何より助かる
目指すは「ピンクサンドビーチ」

この島のハーバーアイランド(4k㎡)に
ピンク色の砂を持つビーチがある

今回のバハマへの旅の目的のひとつが
このビーチを訪れる為である

その名も「ピンクサンドビーチ」

船には、ツアー客用のコーディネーターが
乗船していて、
世界各国からの観光客の世話をしてくれる

アジア代表は我が小鉄と二人きり

ナッソーから高速船で2時間30
乗客には日本人の姿は他にない

イギリスの避寒地として
一躍有名になったのが

ダイアナ元王妃とチャールズ皇太子が
ハネムーンで訪れたからである

「エルーセラ」とはギリシャ語で
自由を意味している

アフリカから連れて来られた
最初の黒人の新天地でもあった

魚の骨のような島にはピンクサンドビーチがある

小さな港はピンク・イエロー・ブルーと
カラフルな町並み

日本のどこかの島にあったような古びたレストラン

扇風機の回る音に子供の泣き声
のどかな島はバハマに居ることさえ

忘れてしまうほどの静けさだ

島を散策して帰る前にもう一度
「ピンクサンドビーチ」の
美しさを目に焼き付け、フイルムに納めた

top
next

エルーセラ島