冒険旅行記 地球の島めぐり 旅の鉄人 鉄人60 池内嘉正

THE WORLD ISLAND EXPEDITION  China 地球的島巡遊  South Korea.jpg 지구의 섬순방



アクセスカウンター

メディアギャラリー

サイトカレンダ

« 2017年 10月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ログイン

ログイン

オーストラリア タスマニア島_二件目のレストラン

  • 2007年6月16日(土) 15:12 JST
  • 投稿者:
    tetujin60
  • 閲覧件数
    2,914
オーストラリア タスマニア島(16島目) Australia Tasmania Island
 

next
top

寿司BARの港の夜景

寿司BARの前の海岸

生牡蠣はほんとに旨かった

 一晩に二軒回るのはよくある事。

次いで港のそばの「すしBAR」へ。

 「いらっしゃいませ」 
今度は間違いなさそうだ。
店も超満員だった。

 タスマニアでは「カキ」
充分火を通して食べるが、
ナチュラルと書いてある生牡蛎もある。

旅先では出来るだけ生物は遠慮しているが、
今夜は舌の誘惑に負け両方注文。

焼き牡蠣は、
ピーマン・タマネギ・ベーコンの上にチーズを乗せ、
カリッと焼きあがっている。

「うまいッ」

写真は一枚も撮りませんでした

空気も水も旨い島には、
海の幸が驚くほど多い。

タスマニア湾で獲れた魚介類が、
日本にたくさん輸出されている。

 久しぶりの日本食。

タクシーの運転手に教わった
日本式レストランの階段を上る。

 「ニーハオ」
 店員は全員中国人。

入るなり「シマッタ」と思った。

「鶏の唐揚げ」「酢の物」を注文すると
、いきなり「吸い物」が出てきた。

 「唐揚げに、吸い物が付いているのと違うか?

「でもチョット変やね」 
味はそばつゆのような感じ。

やっぱり酢の物と吸い物を聞き違えたらしい。
早々に店を退散した。


 お次は生牡蠣。

恐る恐る小鉄と顔を見合わせた。

「つるッ」と滑るように舌の上に…。

「なんてクリーミー」 
プリンプリンの真っ白な小型の岩ガキ。

久しぶりに舌鼓の音が聞こえた。

 味は天下一品、さすがタスマニア産。

グルメの方々、
この島を訪れたら必ずフレッシュな生牡蠣をオススメしまっせ。

満足度120%の夕食に腹の出具合がちよっと気にかかる。

二軒目のレストラン

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.tetujin60.com/trackback.php/3Tasmania
  • オーストラリア タスマニア島_二件目のレストラン
  • 0件のコメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。