冒険旅行記 地球の島めぐり 旅の鉄人 鉄人60 池内嘉正

THE WORLD ISLAND EXPEDITION  China 地球的島巡遊  South Korea.jpg 지구의 섬순방



アクセスカウンター

メディアギャラリー

サイトカレンダ

« 2017年 06月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ログイン

ログイン

イオニア諸島 ザキントス島_タベルナ(食堂)

  • 2007年5月16日(水) 15:59 JST
  • 投稿者:
    tetujin60
  • 閲覧件数
    3,352
ギリシャ共和国 イオニア諸島 ザキントス島 (40島目) Zakynthos Island
 

タクシードライバーのスピロス君

スペシャル・ムサカ

60年物のワイン

ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島
ザキントス島

2日に一度、自家製のワイン(1,5?)を
飲んでくれと差し出す、スピロス君

飲みきれないからと断ると
次の島へ持っていってくれと……。

タクシーの運転手にこんなサービスを
受けた島は他には無い。

いよいよ別れの握手、
ギリシャ青年は流暢な英語でトランクの中から
一本のオリーブオイルを差し出し

我が家の自家製だ

日本への土産にと……またまた感激の瞬間

お礼にと最後の夜にディナーを共にする
ホテルから30分少々の山の中
開店一年目の小綺麗な店

メリーザナのフリッターは
(なすびに、パン粉を付け
オリーブオイルで焼く)

私の口に合う逸品

珍しいりんごの輪切りに
シナモンとハチミツを絡めたデザート

これはイケル、オシャレな味
すぐにメモ帳に書き残しておいた

ホテルで紹介して貰った
タクシドライバーの「スピロス君」24歳

年が若いが律儀な青年

毎日、あちらの村こちらの教会と
ガイドブックにはない穴場を案内してくれる

旅行者のガイド顔負けの案内人

少々の時間オーバーはサービス

昼間に目星を付けておいた店へとやって来た

満員に近い席に空席を見つける

昼間会ったウエイターが握手を求めにやって来る

なんだか常連客のようで気分が良い
オススメの「スペシャルムサカ」は
注文してからオーブンで焼く

普通は作り置きを温めるだけである

チーズにポテトのバランスにワインが進む

疲れ気味のときは日本から持参の
味噌汁と日本茶で英気を養う

焼きタコもいけるが
ボイルの方が柔らく味付けも最高

バジリコの利いたレモン味に
オリーブオイルはギリシャの風味

イオニア海はエーゲ海ほど魚種も豊富でないが
どこの店でもウエイターのサービスが良い

ウエイトレスは飲み物しか担当しない

ギリシャも今回で四度目
何処が旨いか、店の雰囲気とテーブルの配置

ウエイターの接客態度でだいたい分る

とにかく少し大きな魚は
ビックリするほど値段が高いので
めったに注文はしない

何処の店でも鮮度の良い
「グリークサラダ」は常食となる

塩とレモンとオリーブオイルで
自分の舌に合わせるのがいちばん

新鮮なヤギのフェタチーズの
程よい塩味がマッチして癖になる

私はこんな事にはめっぽう弱い

多少のチップも遠慮がちに受け取る好青年

旅の出会いに素晴らしい若者が
旅人の心を和ませてくれる

ハネームーンのときは是非

日本へと一枚の名刺を手渡す
小鉄も満足の握手交わし別れを惜しむ
ザキントス島に又、ひとり「息子」が増えた

top
next

タベルナ(食堂)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.tetujin60.com/trackback.php/3Zakynthos
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。