2019年10月24日(木) 02:52 JST

イオニア諸島 ケフォロニア島_メリッサの洞窟

  • 投稿者:
  • 表示回数 3,649
ギリシャ共和国 イオニア諸島 ケファロニア島 (41島目) Kefalonia Island  
ケフォロニア島
ケフォロニア島
ケフォロニア島
ケフォロニア島
ケフォロニア島
ケフォロニア島
ケフォロニア島
ケフォロニア島
ケフォロニア島
ケフォロニア島
ケフォロニア島
ケフォロニア島

メリッサの洞窟

ケフォロニア島

夏にはコンサートが開かれる空洞

ケフォロニア島
ケフォロニア島
ケフォロニア島
ケフォロニア島

 ド ロ ン ガ ラ ティ の洞窟

ケフォロニア島

最終日、最高の天気に恵まれ
再び洞窟の魅力に誘惑されてやって来た

太陽の位置は10月では
真上に来る時間帯が無い

太陽の軌道が洞窟の真上に来るのは
4月5月6月だと知る

二回目の訪問は勝手知ったる景勝地

ボートの船頭も顔馴染みであり
サ-ビスも違う

リッサニ洞窟とは「紫の洞窟」と言う意味

紫と言うより不思議な青色感じる

イタリアの「カプリの洞窟」とは
ひと味違うギリシャの洞窟

カプリではチップを強要されたが
ここでは紳士的

神秘的な地底湖はもう一回見る価値はある

ポッカリと開いた天井から差し込む

自然光で濃いブルーに
濃淡が描かれ湖の芸術が広がる

太陽が真上に来る夏場は
水の色がもっと変化するだろう

それは間違いであることが後日解る

お次は「サミ」の北にある

半塩水の地底湖「メリッサの洞窟」
(5ユーロ)

120の階段を降りると
突然現れる地の底の湖
(水深1
m~50m

客待ちのボートは
我々二人を乗せて湖を行く

ぐるっと、一周は10分で
回れる小さなもの

急な階段を下りると
巨大な空洞が広がる

洞窟には手が加えられた後もあり
人工的なものには何の感動もおまへん

6000年前に出来た洞窟は

かっては観光客も入れない
聖域だったらしい

東海岸のサミ港への途中にある

ドロンガラティ洞窟を見学

夏にはコンサートが開かれるように
中央には席が設けられる様に
なっている鍾乳

写真撮影の時はボートを止めて
暫くして進む気の使いよう
前に来た時の倍の時間を要して
ゆっくりと回ってくれたが

光の関係で描いていた
ベストショットは撮れなかった。

4月のメリッサニの洞窟は
きっと絵葉書にある見ごたえのある
地底湖になるだろう。

next
top

メリッサニの洞窟