2018年9月21日(金) 18:56 JST

イタリア共和国 レヴァンツォ島_ジェノバ人の洞窟

  • 投稿者:
  • 表示回数 3,129
イタリア共和国 レヴァンツォ島(29島目) Levanzo Island  

洞窟へ入る小鉄

カメラを持って洞窟へ入る筆者

一万三千年前の世界

洞窟の絵文字

洞窟の入り口

別の団体客の船

やっぱり外の空気は旨い
崖の上からの眺めはよく、
カモメが風に羽を休めている。

想像もつかない大昔を今に伝える
「人間」ってたいしたもんや。

世界中至る所に「未知への遭遇」
があると改めて恐れ入る。

持ち時間一時間、
大型の懐中電灯を点けて撮影準備にかかる

天井から水滴がポタリと落ちる。

暗闇での中でピントを合わせるのは難しい。

一枚撮るのに
30
ガイドの息使いまで聞こえる密室は
あまり気持ちの良いものではない。

やっとの思いで撮影完了。

港から洞窟へはボート30分。

13千年前の絵文字は
マグロや動物たちが岩肌に黒く描かれてある。

「これは凄いもんやな」

もう一回ボートをチャーターして来なあかんなぁ。
入り口は
120cm×100cm)
腰を屈めてやっと入れる。

23はそのままの姿勢で奥へと進む。
内部は
20m×10の大きさで真っ暗闇。

案内人は次の客を案内

「チョット待て」と言っているらしい
ボートの姿は影も形も無い。

何の為のチャーターやねん。

40~50分待たされイライラするが、
別の団体客の船に便乗してやっと港へ。

エエかげんなところもあるが人情もある
イタリアーノにグラッツエ。

top
next

グロッタ・デル・ジェノヴェーゼ
ジェノバ人の洞窟