冒険旅行記 地球の島めぐり 旅の鉄人 鉄人60 池内嘉正

THE WORLD ISLAND EXPEDITION  China 地球的島巡遊  South Korea.jpg 지구의 섬순방



アクセスカウンター

メディアギャラリー

サイトカレンダ

« 2017年 08月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ログイン

ログイン

ギリシャ共和国 エギナ島_ギリシャ料理

  • 2007年7月 9日(月) 15:52 JST
  • 投稿者:
    tetujin60
  • 閲覧件数
    3,189
ギリシャ共和国 サロニコス諸島 エギナ島(32島目) Aegina Island
 

隣のテーブルからワインの差し入れ

紙のテーブルクロスに紙の皿

アゲイン君と小鉄

うずら豆

焼きタコ

白身魚のフライ
にんにく入りのタルタルソース

ムサカ

グリークサラダ

アゴラ

ラム肉は脂の乗りも良くワインが進む
隣席の親子連れは見慣れぬ日本人に
好奇心を持ち何かと話しかけてくる

店員が白ワインのハーフを隣席からと差し出す島の人情
うれしいね!アゲイン君に若さを貰って元気いっぱ
3人で3300は超リーズナブルな値段

ラゾコッラ (超オススメの店

top
4000

カラパチョ

焼きタコ・うずら豆・小魚のから揚げ・
鶏のスブラキ・ビール
1
  4000

イコノム
貝(生食用)・手長海老・舌平目・
トマト・フライドポテト ワインハーフ

オススメの店

いわしのマリネ 
身もしまり、オリーブと香草が
生臭さを消し大変食べやすい一品

スプラギ (串焼き)
鳥・牛・豚・ヤギ・羊などは野生の草で飼育されているので臭みも無く脂の乗りよく味も
しっかりしている

カラマラキア
小イカの空揚げをレモンで食す
大きい方が軟らかくて味も良い

海老の空揚げ・焼きタコ・
グラスワイン・ビール
1本 
1800

ギリシャ料理は全体に量が多い上
 サイドにはライスやポテトがたっぷりついている

何を食べても同じようなギリシャの味だが
地元の人と行くと
もっと奥の深い料理が食べることが出来る

シーフードのワインソース味・たらのフライに
ニンニクとマヨネーズと香草のタルタルソース

フランス料理と間違うほどのソース味
 ギリシャ料理も捨てもんやおまへんで

ピペリエス・イェミステス
トマトやピーマンの中に焼き飯のような物を
詰めオーブンで焼いた一品

ムサカはナスビとひき肉のグラタン風

大きな器で作っておき
取り分けて暖めなおして出てくる

とにかく量が多い、かるく三人前はある
店の奥には魚や肉など素材や調理済みの
料理が並んでいる

メニューを見ても良く分からないので
遠慮せず奥へ入り品物をみて決めると間違いない

シンプルな味付けは、素材の鮮度が味を決める

ギリシャ料理はオリーブオイルとニンニクで
調理してレモンと塩で味付けするのが基本


代表的なグリークサラダはトマト・キューリ
タマネギ・ピーマン・オリーブオイルと香草でミックス

その上にデンとヤギのチーズが乗っている

毎日食べても飽きないのは
鮮度の良さとワインがベストマッチである

10月始にオープン
島で唯一の焼肉店とあって行列が出来る店である
ラム・鶏・豚・牛を炭火でグリルしている
テーブルクロスも皿も紙であるが別に違和感は無い

BARで知り合ったアゲイン君
(20歳スペイン人)と連れ立って
2回目の来店

鶏肉の皮はパリパリとして、身はとてもジューシー

next

ギリシャ料理

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.tetujin60.com/trackback.php/5aegina
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。