冒険旅行記 地球の島めぐり 旅の鉄人 鉄人60 池内嘉正

THE WORLD ISLAND EXPEDITION  China 地球的島巡遊  South Korea.jpg 지구의 섬순방



アクセスカウンター

メディアギャラリー

サイトカレンダ

« 2017年 08月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ログイン

ログイン

キューバ共和国_レストラン・さくら

  • 2007年5月22日(火) 11:54 JST
  • 投稿者:
    tetujin60
  • 閲覧件数
    2,937
キューバ共和国 キューバ旅行記(36島目) Republica de Cuba
 

キューバ共和国

店内のライブ演奏

店内に飾ってくれた来店のサイン

本当のオーナー

メニューは無くオススメのシーフード

カリホルニアロール

お目当てのてんぷら

キューバ料理

隣の席の親子

エル・アルヒーベ

ホテルの前のタクシー

ホテルのビッフェ

新 市 街

新市街の五つ星ホテルのプール

ト コ コ ロ

キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国
キューバ共和国

翌日、義理堅い二人は再び店を訪れ

「オーナーは?」

「後一時間ぐらいで来ます」

一時間後名刺を持って現れたのは
昨日とは別人

「小柄なオーナーはどうしたんですか?」

「アッあれは水曜と金曜に働く店員です」
の答えにビックリ

てっきりオーナーと思っていた
でも昨夜の親切は忘れられない

食事を済ませて元の場所へ戻り
迎えのタクシーを待っていると

先ほどの親父が再び何処からとも無く現れ
鍵を取り出し店内を見せてくれた

旅先の親切は嬉しいネ

親父が一生懸命に交渉してくれたお陰で
助手席のドアは開かれ座席に付いた

チョット大袈裟かも知れないが
「地獄に仏」とはこの事だ。

5分ほどで次の店に到着
「グラシャス」「グラシャス」と
何度も礼を言って

車から降りようとしたら2本の指を立て
2ペソ」と言ったのには驚いた

ここは社会主義のキューバ
ヒッチハイクでお金を見せて
立っているのがようやく理解できた

近くにレストランがあると
地図と店名を書いてくれたが
歩いて行くには少し遠すぎる

道行く車を止めてくれてはいるが
一台も止まってくれまへん

タクシーの姿も見えない

しかし幸運の神様は見捨てなかった
通り過ぎようとした一台の軽自動車が
バックしてきた

top

入り口へ行くと店内は真っ暗

エッ!休みかいナ

もちろん年中無休を確認している
小鉄(女房)と二人、途方に暮れていると

60歳ぐらいのオヤジが
スペイン語で話しかけてきた

どうやら今日は休みと言っているらしい

ホテルの前でタクシーを捕まえて値段交渉
15
分ぐらいの距離で
6ペソ」は良心的な値段

やっと探し当て
トコロロに到着したのが
745

車もあまり通らぬひっそりとした住宅街

迎えを
1時間30分後に約束して
タクシーを帰した

店の名は「トコロロ」
(キューバに生息する鳥)

その一角に日本料理店の{さくら}がある


外国ではめったに日本料理店には
行かないのだが久しぶりに
「てんぷら」が食べたくなった

-と言うのも大型ホテルでは
毎日同じようなビュフェッスタイルで
食べているから味付けの変化が無い

新市街から旧市街へホテルも移動

外国での旅人に対してのそこまでは無い親切、人間通じるものがあれば言葉は不要

“あうん”の呼吸に人間性を高める必要を感じる

「幻のオーナー」によろしく言ってくれと
心地よい気持ちで店を後にした

味と値段はどうだったと聞かれるのが辛い

味はまぁまぁだったが
キューバにしては驚く値段

タクシーが
10
時間チャーターできるほど
後はご想像にお任せしまっさ

next

レストラン さくら

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.tetujin60.com/trackback.php/6Cuba
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。