冒険旅行記 地球の島めぐり 旅の鉄人 鉄人60 池内嘉正

THE WORLD ISLAND EXPEDITION  China 地球的島巡遊  South Korea.jpg 지구의 섬순방



アクセスカウンター

メディアギャラリー

サイトカレンダ

« 2017年 11月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ログイン

ログイン

バハマ連邦 ニュー・プロビデンス島_エピローグ

  • 2007年5月21日(月) 09:39 JST
  • 投稿者:
    tetujin60
  • 閲覧件数
    2,540
バハマ連邦 ニュー・プロビデンス島(37島目) New Providence Island
 

コンク貝

ニュー・プロビデンス島

コンク貝のサラダ

コンク貝のフリッター

コンク貝のチャウダー

上の写真をクリックして下さい

上の写真をクリックすると
スライドショーが始まります

ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島

笑顔の素敵なバハミアン

カリブ海の夕日

港に浮かぶ豪華客船

日本から輸入のネタ

ソフトシェルロール

地元のネタ

マユミさん

カジノの中にある水族館

日本料理店・ノブ

公衆トイレもこんなにカラフル

街の風景

小鉄・ベン夫妻

鈴木夫妻・TOMO君・小鉄・筆者

ミュージシャンと筆者

バナナボートソング

ストリートミュジシャン

小鉄のひとり言

海の美しさとカラフルな建物に異国情緒を堪能できました。フラミンゴはずッと、片足で立っていられるが私にはそうもいきません。

ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島
ニュー・プロビデンス島

2,006518日―27

旅の鉄人 池内 嘉正

支払いは写真入りのIDカードを
要求される厳しさ
最後の晩餐に「世界の日本料理」の
すごさに圧倒されたが
日本人である事に誇りを感じた

世界の海は繋がっているので
同じようなものかと思っていたが

それぞれに顔があり、
違いの素晴らしさを再認識し
カリブ海の旅路を終えた。

えらいもんや
やっぱり日本語やったら何でも通じる

カウンターの空いた席をすぐにチェンジしてくれた
ロサンゼルスのすし店で
5年間修行して
この店で働いている

「こんな忙しいすし店、見たことないネ」

「エエ まるで私はロボットみたいです」

「給料はどうですか?」

「そこそこ貰っていますが使うところが
ありません」

のタネに日本料理店「ノブ」
100席)に予約を入れた

クレジット番号まで聞かれて予約は
750

中途半端な時間な上に予約番号「JD2NG」は
まるで搭乗手続きのようだ

日本人の感覚で10分早めに到着
どの超満員痺れを切らしてテーブル席でもと

席に着く
スタッフに「日本人は働いているのか?」と
聞くとカウンターに連れて行かれて
「マユミ」さんを、紹介される

のタネに日本料理店「ノブ」
100席)に予約を入れた

クレジット番号まで聞かれて予約は
750

中途半端な時間な上に予約番号「JD2NG」は

まるで搭乗手続きのようだ

日本人の感覚で10分早めに到着
どの超満員痺れを切らしてテーブル席でもと

席に着く
スタッフに「日本人は働いているのか?」と

聞くとカウンターに連れて行かれて
「マユミ」さんを、紹介される。

カラフルな家並みには心が安らぐ

エエかげんと大らかさがミックスされた国民性

打ち解けると陽気で明るい人々
写真撮影でも気軽に誰でもOK

怒鳴りあうような大声も
何時しか耳には慣れてくる
心に響くカリプソ音楽
の底から搾り出すような声で歌う
「バナナボート・ソング」

♪♪「デ~オ・デ~エエオ」♪♪の歌声に
引き込まれるように毎夜、聞き入った

バハマ料理も軒並みにチャレンジ
コンク貝のサラダにフリッターそれにチャウ

ダー

コリコリとした食感
サザエかアワビのような海の幸

甘酸っぱいピリ辛の味は舌の記憶に残る


スナッパーや白身魚のフライとバハマを食べ歩いた

量の多さにはビックリしたが
バハミアンは兎に角よく食べる

いつも二人で一人前が私たちには適量であった

初めて体験する「海中散歩」も
彼のお陰で安心して楽しめた

「アイランドワールドツアー」の
無人島探検ではMrダン(アトランタ)の

気遣いに感謝

キャプテンの粋な計らいと
透明すぎる白い海に感動

カリプソ音楽に引き込まれ
バハミアンの旺盛な食欲がうらやましい

旅のつれづれ
出会いの中に新しい旅が生まれる

「旅は道連れ、世は情け」
サブ・マリンで偶然同じ船に

乗り合わせた鈴木さん夫妻

神戸からのハネムーンの二人は
長旅で初めて出会った日本人

サブ・マリンのスタッフのTOMO君には
何かと世話になった

外国でのすしの味としては最高
地元で獲れるのはマグロ・
スナッパー(タイ)・コンク貝

以外は全て日本からの輸入

値段は日本の二倍
バハマでこれだけ
(カウンター
7人、内日本人2人)の
職人を揃え機械のように動く

手を動かしながらしか話せないほどの忙しさ
それでも何かと
話しかけてくれる「マユミ」さん

top

エピローグ

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.tetujin60.com/trackback.php/6NewProvidence
  • バハマ連邦 ニュー・プロビデンス島_エピローグ
  • 0件のコメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。