2018年7月19日(木) 01:28 JST

タイ王国 プーケット島_カン・エング

  • 投稿者:
  • 表示回数 3,064
タイ王国 プーケット島(17島目) Kingdom of Thailand  
next
top

700gのロブスター

プー・パッポン・カリー

伊勢海老

カッポ-の空揚げ

赤カレー

蟹のカレー炒め

「値段はいくらかって?」

ここはプーケットでッせ、
3人で8500円。
エッ高い?安い?でもほんとに旨かった。

 魚はタイの一種でカッポー。

空揚げの甘酢あんかけに、
野菜がミックス。

はじける白身はタレを絡めてほどよい味付け。

ビールもワインも飲んでいる暇が無いほど
両手で食べるタイスタイル

プ・パッポン・カリー
蟹のカレー炒め)

ワタリ蟹は、好きなカレー風味に
新鮮な味を卵とじにして
マイルドに仕上げているので、
一層味を引き出している。

ぱりぱりと甲羅を噛めば、
真っ白な身が弾け出て舌の上を
すべる様に胃袋に直行。

「おいしいワ」「旨い」
「うまい」。

白いごはんの上に
蟹のタレをかけると
これが又タイ米とマッチして
旨さ倍増。

野菜炒めに赤い「トムヤンクン」。

地元ではトムヤンクンは赤と白がある、
コクのある味付けは日本人に合うように辛さを抑えてある。

それでも舌はピリッピリッ
癖になる味にどうやら填ったみたいだ。

タイ料理店 カン・エング
(タイ語で遠慮しないで)

 シャロンビーチカタビーチ
中ほどにある地元の人気店。

ドライバーのキー君(KIK28歳)
の案内で
シーフード三昧。

 ここにはロブスター・蟹・魚と生簀がある。

700gのデカイヤツをすくい上げる、
蒸しあがったロブスターはシコシコと
味も伊勢海老と変らない贅沢な一品

日本で食べれば幾らぐらいやろかと値段が気になる

 ボチボチお腹もいっぱいで
満足感に浸っていた時、

ウエイトレスが皿を片づけ様として
ワイングラスを倒した。

ワインレッドに染まる
Tシャツとショートパンツ

。別に驚く様子も無くタオルを差し出す。

代わりのワインが来る事もなく
、誤る様子も無い。

これもここの常識?

 今夜のロブスターの味に免じて許してやるか…。

タイ料理 カン・エング