冒険旅行記 地球の島めぐり 旅の鉄人 鉄人60 池内嘉正

THE WORLD ISLAND EXPEDITION  China 地球的島巡遊  South Korea.jpg 지구의 섬순방



アクセスカウンター

メディアギャラリー

サイトカレンダ

« 2017年 08月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ログイン

ログイン

フィリピン共和国 ラゲン島_エピローグ

  • 2007年6月26日(火) 10:50 JST
  • 投稿者:
    tetujin60
  • 閲覧件数
    3,282
フィリピン共和国 ラゲン島(24島目)
 

この写真は、投稿中のため、掲載できません。
しばらく、お待ちください。



top
home

Ikeuchi c

ミニロックビリヤード
一緒に遊んだシドニーから来た
ジョナサン(11)

ローウイン・コルシン・筆者

サシミと焼き魚は島一番のご馳走

スガワラ君・ローウイン

syaron・キャメラ・小鉄・Bim

週一回のショータイム

エルニドの海底

お見送り  さよ~なら・・・

旅の鉄人  池内嘉正

2005年1月22日-29日

S a l a m a t     サラマット    ありがとう

ダイブマスターのコルシン31)も
BARの止まり木で話が弾み
毎夜のグラスの友となる

気のおけない素敵なヤツ

仕事のない時はボートに一緒に乗って来た

 
ホテルの案内をしてくれたキャメラ
28)は
夕食の時必ず

「明日は何をする?」
と聞いてくれた。

日本に留学した事のある
スタイルの良いビムさん
26

カタコトの日本語が通じるのはホットするネ

小鉄のひとり言

 小さな島にたったひとつのリゾート。静かで自然がいっぱいで久しぶりにのんびりとした

島々は美しく快適に過せた。

今回も多くの出会いに感謝している

毎日の様にガイドをしてくれたローウイン21

セブ島出身フロリダからの
ホーガン
65)写真愛好家

マニラ在住の好青年
スガワラ君(28とは
釣り船で一緒になり
今の日本のご時世について語り合った

島一番のご馳走は船頭の釣った魚を
「焼き魚」と「サシミ」
に調理してもらった日本料理

残念ながら我々の釣果はゼロ

 何よりも過しやすかったのは
「ハエ」
がいない事だ

自然の恵みの岩つばめが生息するからだ
益鳥とはよく言ったものだ

フィリピンの島の中に
こんな素敵なところがあるのは
あまり知られていない

エアコンが無くても充分に過せる。

 多くのめぐり合いは旅愁を残し
去りがたい思いでバンカーボートへ…。

見送りのスタッフ
小さくちいさくなるまで
手を振り続けている

癒された旅の幕は降ろされた

エピローグ

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.tetujin60.com/trackback.php/7Lagen
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。