2018年9月21日(金) 18:31 JST

イタリア共和国 レヴァンツォ島_エピローグ

  • 投稿者:
  • 表示回数 2,832
イタリア共和国 レヴァンツォ島(29島目) Levanzo Island  
home

タコ捕り

レヴァンツォ島の義兄弟

ジャッダとアンバラ

夕日とカモメ

ジャッダの父と母

最終日のディナー

パウロ・ジャッダの妹・筆者

パウロから貰った帽子

ジャッダと小鉄

20056月18日―23日

グラツッェ         tank you           有難う

   旅の鉄人 池内 嘉正

エエかげんなところがあるイタリア人
助け合う精神は人類皆、同じである。

静まり返った島の夜明けはカモメの鳴き声で始まる。

ウミネコとはよく言ったものだ
「ニャーオ」「ニャーオ」と今日も元気に朝を告げる。

島旅はやっぱり最高やネ!
もう
2週間過ぎてしまった。

明日帰ると思えば心が残る。

 細い路地には猫や犬がいっぱい、
野良でもなく適当にエサを与える心の優しさ

島民は少なければ少ないほど親しみは増す。

海に生きる男パオロとは
毎晩
Barで一杯のビールを飲むのが楽しみのひとつ。

魚つりや珍しいタコ獲り
お揃いの帽子まで土産に頂いたレヴァンツォの義兄弟

ジャッダアンバラたちとの海水浴。

夕日の撮影に思いをはせシャターチャンス
カモメが応援してくれた。

シチリア島の西のはずれにある地中海の離島

そこに住む島民はここが好きだと誇らしげに言う。

小鉄のひとり言

海は何処までも青く輝いている。海鳥の鳴く声だけが聞こえる静かな島。地中海の海の幸のめぐみに体重を量るのが怖いほど…の旅だった。

top

エピローグ