冒険旅行記 地球の島めぐり 旅の鉄人 鉄人60 池内嘉正

THE WORLD ISLAND EXPEDITION  China 地球的島巡遊  South Korea.jpg 지구의 섬순방



アクセスカウンター

メディアギャラリー

サイトカレンダ

« 2017年 08月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ログイン

ログイン

イタリア共和国 ベネチア_サン・マルコ広場

  • 2008年12月27日(土) 15:54 JST
  • 投稿者:
    tetujin60
  • 閲覧件数
    3,673
イタリア共和国 ベネチア(58島目)

大運河のスライドショー

リアルと橋とホテル・リアルト

夜明けのサンマルコ広場

夜明けのゴンドラ

宮殿の中庭田口さんと小鉄

ドゥカーレ宮殿の通路の絵(立体的に見えるのは画法

外から見た涙橋

牢屋への通路(涙橋)から見た風景

牢  屋

金箔を焼きこんだモザイク

田口さん・田口さんの娘さん・小鉄

鐘楼から見たベネチアの街並み

サン・マルコ大聖堂

鐘   楼

4体の馬像のレプリカ

4体の馬像のオリジナル

リアルトホテル前の大運河

リアルト橋の上は観光客いっぱい

サン・マルコ寺院

サンマルコ広場のティールーム

サンマルコ広場を
鐘楼から見た風景

腰掛にしているのは12月から水位が上がると歩道になる

牢獄は木の板の2人用~4人用のベッドと

待遇が良いかのように見えたが
地下には一生を水牢で送った囚人も居たとか…

他にも地獄のような牢獄は
高さ
90cmで立って歩く事も出来ないらしい

秘密のツアーがあり
特別料金で見る事が出来るらしいが
私はそんな物は見たくない

天井には14001500年代の絵画が
富と権力を象徴すかのように見る者を圧倒する 

世界一広い広間の床には
石灰と漆くいに大理石を塗りこんである 

木材の基礎の上に
715cmの厚さで
非常に弾力があるのに驚いた

当時の国会、行政、裁判、牢獄とある 

さすがにベテラン、
人を引き付ける語り口調に
疲れも忘れベネチアの
世界にどっぷりと浸かる 

ガイドと一緒であれば何処へ行っても
長蛇の列に並ばなくても良い

料金も割引がある特別待遇は
旅人に優越感を与える

何と言ってもドゥカーレ宮殿に勝る物は無い

ベネチア共和国時代のドージェ
(総監・終身制)の居城

内部は迷路のようになり
何処をどう歩いているのか見当もつかない

インターネットでコンタクトを取れた
『田口やよい』さん 

ベネチアでたった二人の
日本人ライセンスガイド 

上からの眺めは実に爽快だ
 
広場には豆粒大の人間が
アリの様に動き回っている

サン・マルコ大聖堂、

ドゥカーレ宮殿、

運河を渡るクルーズ船 
どの角度からの眺望も
ため息が出るほどの自然の絵画

寺院大聖堂は太陽の光を受け実に美しい 
千年の時が経ち今も直、
威容を誇るイタリアの建築物 


100m
の塔の上からは
ベネチアの町を
360度見渡せる

しかし190274日突然崩壊し
10年の歳月を経て再建された 

エレベーターで鐘のある
最上階へ昇れる様になったらしい

ギリシャから1300年代の代物である 
寺院のバルコニーから広場を一望出来る

ダイナミックなロケーションが
展開されているが鐘楼(
96・8m)からの
眺めには叶わないだろう

翌日エレベーター(12人乗りユーロ)で
最上階へ一気に上昇 
雲ひとつ無い青空に映える

院内の絵画は金箔を焼きこんだ
モザイクである(
8cm×10cm

近くで見ると繊細な技術が良く解る 
寺院全体像は正面広場(
157m×82m)から
4体の馬像がある 

そのオリジナルが2階に展示されている 
銅に金を練りこんだ馬体は
躍動感溢れる迫力がある

場内は撮影禁止であるが
あまりの見事さに思わず
シャッターを押してしまった

町の中心リアルト橋 
橋の上は人人人 
白いモーターボートと黒いゴンドラ

運河を行く荷物船やヴァポレットを
何時まで見ていても退屈しない

念願のサンマルコ寺院を見学 
ガイドは田口やよいさん

何を見るのもガイドなしでは
さっぱり解りまへん

早朝は広場にある店へ出勤する
イタリア人の行列 

昼は世界中の観光客が連日押し寄せる

昼食を食べ、ゴンドラに乗り
寺院を見てさっと引き上げる

夜はベニスに宿泊している

観光客の散策広場となる

大理石造りのサロン、

世界で一番美しい広場にある

三つのカフェからロマンティックな

メロディーがかすかに聞こえて来る

思わず音のする方へ足が向く
 
立ったまま無料のコンサートに

聞き入るのは私ひとりではない

宮殿で裁かれて牢獄に移送される時に渡る橋 
路地のような坂道…ここが『溜息の橋』と

言われるまでは気がつかなかった 
中から覗くと観光客のカメラの列

外からは美しい大理石の橋であるが
この橋を撮っている
観光客の多さに虚しさを感じる

囚人の書き残した落書きや
当時の拷問や生々しい首切りの剣の歪みを見て
見学の疲れと当時の残酷さに大きな溜息をついた

サン・マルコ広場

top
next