冒険旅行記 地球の島めぐり 旅の鉄人 鉄人60 池内嘉正

THE WORLD ISLAND EXPEDITION  China 地球的島巡遊  South Korea.jpg 지구의 섬순방



アクセスカウンター

メディアギャラリー

サイトカレンダ

« 2017年 12月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ログイン

ログイン

マレーシア ボルネオ島_エピローグ

  • 2009年9月19日(土) 09:54 JST
  • 投稿者:
    tetujin60
  • 閲覧件数
    2,406
マレーシア ボルネオ島(65島目)

格安な夕食は一人300円もあれば十分 

その
10倍でも高級食材は山ほどある


どんなに繁盛している店でも10時で弊店 

休日前は朝まで賑う街へと変身する


毎夜お付き合いを頂いた理恵さんと坂本さん

そしてリンさん…ありがとう

エピローグ

こんなに贅沢な旅は初めての体験 
船の予約から車の手配

そして全てが日本語で
OK
これも

全て友人の輪が広がり

至れり尽くせりのブルネオ旅情


コタキナバルの旨い物は

食べつくした積りだが

一週間では日数が足りない

オラウータンの赤ちゃん

200967日―614

         旅の鉄人 池内嘉正

路傍のカニクイザルや可愛いヤギ

そして放牧されている水牛に

フィルムが足りない


ボルネオはジャングルに

触れて見なければその魅力は伝わって来ない


思い切って山中に入り山肌を

直接感じる事により自然の息吹が聞こえる

ガラマ川で予期せぬ

テングザル見つけて感動 

ジャングルの静寂な中に

鳥の声とテング猿の鳴き声を初めて耳にする 

期待以上の大自然の生き物たちに

出会えて感動する 

テングザルのジャンプ

コタキナバルの夕日

キナバル山の入山料

世界遺産キナバル山

大切なのは「今」何をするかだ 

人間長生きはせなあきまへん


世の為人の為家族の為に…

そして自分の可能性に

未来を見つけてチャレンジする


それは『旅』が教えてくれる


最高の旅を提供して頂いた

コーディネータの皆さんに

“テレマカシー”

ボルネオの子供たちと小鉄

テングザル

テングザルの子供

元気の元『肉骨茶』

日本のたこ焼きも大人気

コタキナバルの市内

小鉄のひとり言

近代化が進みジャングルのイメージは損なわれていた

大きな島だとは解かっていたが島特有ののんびりムードはなかった

サバ人の人懐っこさに大変親しみを感じました

食事は3時間から4時間かけて話が弾む 

初めての出会いの中で人は育まれていく

別々の人生を歩いて来て

ふと立ち止まって足元を見る 

不満もあるがそれが

自分の人世なのかもしれない 

あれもこれもと心残り 

「肉骨茶」

バクテーの濃厚な漢方薬の味は

熱帯の国では元気の素 

世界遺産のキナバル公園 

東南アジア最高峰のキナバル山は

今日もその勇姿が天を仰ぐ 

美しい夜明け前

水上ハウスもいずれ撤去

市 立 モ ス ク

トゥング・アブドゥル・ラーマン公園