冒険旅行記 地球の島めぐり 旅の鉄人 鉄人60 池内嘉正

THE WORLD ISLAND EXPEDITION  China 地球的島巡遊  South Korea.jpg 지구의 섬순방



アクセスカウンター

メディアギャラリー

サイトカレンダ

« 2017年 04月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ログイン

ログイン

日本の島再発見 粟国島_沖縄県 7月15日(火) (P116.117)

  • 2008年7月15日(火) 14:00 JST
  • 投稿者:
    tetujin60
  • 閲覧件数
    2,420
日本の島再発見
離島60めぐり---第50訪島(2)

 粟国島(あぐにじま) 

●沖縄県


世界一きれいな海から
世界一のこだわりの塩



那覇空港から9人乗りのプロペラ機で20分。

風が強かったので文字どおり“ゆ~らん飛行”となった。
ローカル線もなかなかのもの。


宿は昨年10月にオープンしたばかりのプチホテル『いさ』経営者の伊佐ミツ子さん(47)は20歳まで大阪に住んでいたそうで私たちの関西弁を聞いて「懐かしい…」と大阪の話がはずんだ。


島にはレンタカーなどない。

急な坂もあり自転車では“還暦青年”には少し無理。
そこで前夜「南大東島」で知り合った沖縄電力・又吉一三南大東島所長の紹介で同電力・神谷元徳粟国島所長(45)の親切に甘えることにした。

神谷さんは早速、こころよく島の案内をしてくださった。
心にしみるありがたさ!


沖縄海塩研究所の『あぐにの塩』(500グラム1200円)は有名だ。

日本の島再発見_沖縄県_粟国島_あぐにの塩
あぐにの塩

打ち寄せる黒潮を立体式塩田タワーを使って風と太陽熱で濃縮する。

研究に研究を重ね考案された製造方法である。


これを薪を使って24時間平釜炊き。

世界一きれいな海から“世界一のこだわり塩”が生まれる。

日本の島再発見_沖縄県_粟国島_こだわる塩造りはマキで炊く
こだわる塩造りはマキで炊く

ミネラルたっぷりの天然海塩、少し茶色で甘く旨みがある。
もちろん、我が家にも購入した。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.tetujin60.com/trackback.php/nihonnosima_116_117_2
  • 日本の島再発見 粟国島_沖縄県 7月15日(火) (P116.117)
  • 0件のコメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。