2018年9月26日(水) 14:19 JST

日本の島再発見 久米島 10月08日(月) (P028,029)

  • 投稿者:
  • 表示回数 2,249
日本の島再発見 離島60めぐり---第7訪島(2)

 久米島(くめじま)
沖縄県
一度はいきたい ハテノ浜の美しさ

 最近、大物釣りで人気のある久米島へは、沖縄・那覇空港から西へプロペラ機で40分。
全くの無風状態で快適な空の旅だった。


ここではバスの本数が少なくレンタカーがおススめ。
受付のかわい子ちゃんが「観光ですか?ビジネスですか?」というので「仕事と遊びの半分半分だヨ」といったら「じゃ、ビジネスにしときましょうね」とニッコリ。

可愛いお嬢さん!レンタカーにビジネス料金があるとは知らなかった。
4時間4900円が3800円になった。
ラッキー!ますます受付嬢が美人に見えた。


久米島はドンドン開発され、地図にはない新しい道路がある。
地図を見ながらの運転は間違ってばかり。
地図の製作日に注意したい。

助手席で地図をみてナビゲーターをしてくれる小鉄(女房)がいないのは淋しい。


沖縄最古の民家・上江洲家(うえずけ)は245年前(1754年)に建てられた国指定重要文化財だ。


沖縄の代表的な松、樹齢260年、高さ4メートル、樹根が5枝に分かれ地上にはうようにひろがっている『五枝の松』。
台風にも耐え、折れて曲がったその美しさは雄大だ。
日本の島再発見_沖縄県_久米島_五枝の松
五枝の松


樹齢250年~300年の喜久村家の庭にあるビッグな『宇根の超特大ソテツ』(入場料150円)も一見の価値あり。