冒険旅行記 地球の島めぐり 旅の鉄人 鉄人60 池内嘉正

THE WORLD ISLAND EXPEDITION  China 地球的島巡遊  South Korea.jpg 지구의 섬순방



アクセスカウンター

メディアギャラリー

サイトカレンダ

« 2017年 08月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ログイン

ログイン

日本の島再発見 与論島_奄美群島 10月13日(土) (P030,031)

  • 2007年10月13日(土) 14:00 JST
  • 投稿者:
    tetujin60
  • 閲覧件数
    3,371
日本の島再発見
離島60めぐり---第8訪島(3)

 与論島(よろんとう)

●奄美群島
_鹿児島県


 この島と姉妹都市のギリシャ・ミコノス島そっくりの街並みだ。

昨年(平成10年夏)の台風で『パパイヤ園』は私が訪れた時はパパイヤがなかったのは残念。

オフシーズンの静けさで、やはりここはニギヤかな方がいいのかナと思う。
『城極楽洞』『赤崎鍾乳洞』も閉まっていた。


干潮のときだけ姿を現す『百合ヶ浜』の星砂はとても美しいといわれている。
あいにく2月19日はその“幻の白砂”は50センチメートル海の中で、これも見られなかったのは残念無念!


素朴な感じの『ユンヌ植物園』(入園料400円)へ。

ここは150種以上の熱帯植物が生い茂る。なかなか手入れが行き届いているが、ここも2月は花が少ない。

日本の島再発見_鹿児島県_奄美群島_与論島_ユンヌ植物園
ユンヌ植物園

入口で3人連れの女子高生に「すいませーん、シャッター押してッ」と声をかけられた。

あんたら何で来たん?といえば「足で来ましてん」。これ“吉本風のギャグ”でピンときた。

君ら、大阪娘やろ?ピンポーン!ほな、おっちゃんのクルマに乗るか?「ラッキー!」と佐田華奈子さん(18=八尾市)ら3人娘。
一緒に『ゆんぬあーどる焼』をのぞいた。


この旅の頃は春休みで『卒業旅行激安パック』(2泊3日で1万5千円)大阪南港からフェリーで30時間かけてやってきたという。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.tetujin60.com/trackback.php/nihonnosima_30_31_3
  • 日本の島再発見 与論島_奄美群島 10月13日(土) (P030,031)
  • 1件のコメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。