2018年12月11日(火) 02:25 JST

日本の島再発見 佐渡島_新潟県 11月30日(金) (P050,051)

  • 投稿者:
  • 表示回数 2,504
日本の島再発見 離島60めぐり---第18訪島(4)

 佐渡島(さどがしま)

新潟  この夜の「島のごちそう」は湖畔のほとりにある京都の料亭を思わす粋なたたずまい、肴とワインの店『味彩』。


カワハギの一夜干し、活ボタン海老、西バイ貝(コリコリと歯ざわりがグッド!)のど黒(赤むつ)の塩焼きはアブラの乗りが最高。
ホロ苦くて抜群に美味いウドの天プラ。
店主のおススめスルメイカの丸干(ワタ入り)は生まれて初めて口にした味・ワタの香りと苦さ。
焼いた後の香ばしさは酒の肴にぴったりでサラナメ状態(皿までなめるほど美味しいこと)

日本の島再発見_新潟県_佐渡島_スルメイカの丸干(ワタ入り)
スルメイカの丸干(ワタ入り)

地酒は『天領盃』辛口でキリッとした味。
ホロ酔い加減で夜道を潮風にまかせながらの散歩の心地よさ。

潮風がこんなに甘いとは知らなかった。そこでつい一句…。

サラナメと
たらいと金の
佐渡が島…


島ではじめてつくった一句。
ヘタでどうもスンマヘン。