冒険旅行記 地球の島めぐり 旅の鉄人 鉄人60 池内嘉正

THE WORLD ISLAND EXPEDITION  China 地球的島巡遊  South Korea.jpg 지구의 섬순방



アクセスカウンター

メディアギャラリー

サイトカレンダ

« 2017年 02月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

ログイン

ログイン

日本の島再発見 利尻島_北海道 12月14日(金) (P056,057)

  • 2007年12月14日(金) 14:00 JST
  • 投稿者:
    tetujin60
  • 閲覧件数
    2,248
日本の島再発見
離島60めぐり---第21訪島(4)

 利尻島(りしりとう) 日本の島再発見_北海道_利尻島_タンポポ

北海道


 島はサイクリングロードが完備されている。
朝食後、フェリーの時間まで『姫沼』へ行くぞ!「さぁ出発やで!」とサイクリングに挑戦。

目的地まで12キロメートル。
この旅は私たち夫婦の他に、高校時代の卓球部の後輩古谷守夫夫妻、原洋二夫婦の6人連れ。
みんな一斉にスタート。

日本の島再発見_北海道_利尻島_姫沼へサイクリング(高校の卓球部の仲間たちと)
姫沼へサイクリング(高校の卓球部の仲間たちと)

ゆるやかな昇りもあり、額に汗がじっとり。周囲の景色を楽しむ余裕などなく無我夢中でペダルを踏む。
うしろからついてくる小鉄を気遣いながら40分でやっと『姫沼』に到着。

澄み切った湖面に写る利尻富士の姿が実に美しい。
疲れも吹っ飛び、まるで一枚の絵葉書を見ているようだ。

日本の島再発見_北海道_利尻島_姫沼
姫沼

帰りは下り坂。
海と草原と森林の美しい自然に包まれて輪道を走る。

私たちのグループで“貸し切り”状態。
利尻富士に見守られてのサイクリングは、青春映画『青い山脈』の気分だ。

みんなと高校生の頃に戻って、さわやかな汗と笑顔。
還暦を迎えても心はいつも青春時代。

花ライブを楽しみ、涼風が自然の香りをはこぶなか颯爽(さっそう)と走り抜けながら…一句。

『姫沼の 湖面に映す 利尻富士』

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.tetujin60.com/trackback.php/nihonnosima_56_57_4
  • 日本の島再発見 利尻島_北海道 12月14日(金) (P056,057)
  • 0件のコメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。