冒険旅行記 地球の島めぐり 旅の鉄人 鉄人60 池内嘉正

THE WORLD ISLAND EXPEDITION  China 地球的島巡遊  South Korea.jpg 지구의 섬순방



アクセスカウンター

メディアギャラリー

サイトカレンダ

« 2017年 06月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ログイン

ログイン

日本の島再発見 篠島_愛知県 01月24日(木) (P070,071)

  • 2008年1月24日(木) 14:00 JST
  • 投稿者:
    tetujin60
  • 閲覧件数
    2,605
日本の島再発見
離島60めぐり---第28訪島(4)

 篠島(しのじま)

愛知県

 宿は「アナゴ料理」が自慢の民宿『三船亭』。
ご主人の天野治玄(はるずみ)さん(59)はアナゴの漁師。

夜の8時から仕掛ける(えさはカタクチ鰯)。
午前2時頃までに引き上げる。


夕食はその待望の『アナゴ料理のフルコース』だ。
私が訪れた時はまさに旬(6~8月)の頃でうまいのなんのって…。
病み付きになりそう。


トレトレの「のれそれ」(アナゴの稚魚)キモ煮、梅肉で食すチリ、柳川風。
サシミはハモより脂がのり歯触りグーで味は天下逸品。
蒸しアナゴのにぎり(これが25センチ大)カバ焼き、フライ…と、もうアナゴづくしのオンパレードだ。

日本の島再発見_愛知県_篠島_アナゴのにぎり(民宿三船亭)
アナゴのにぎり(民宿三船亭)

小鉄は「体重を測るのがこわいワ…」といいながら大満足である。


アナゴといえば明石産も有名だが、ここ伊勢湾には多くの川が流れ込み栄養素が多くある。
だから味がいい。


脂ののったはりのある「うまいやつだけを」宿のお客さんに出す。
だから“ここでしか味わえない”逸品。


早速、アナゴの勉強だ。
小指大のアナゴはテンプラ。
親指大は寿司ネタ(三年もの)であり、カバ焼きにするのは4~5年の大きなやつだ。


それにもうひとつの名物「タコ」もおススめ。
ヤングには歯ごたえのある様に、還暦青年用には柔らかく(強火20分、弱火でふかす)という料理法が憎い。

日本の島再発見_愛知県_篠島_名物「タコ料理」
名物「タコ料理」

甘みとコクのあるタコ。
とにかく旨い。いっぺん食べて味(み)て味(み)!


『篠島に アナゴ料理の ウマイ宿』

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.tetujin60.com/trackback.php/nihonnosima_70_71_4
  • 日本の島再発見 篠島_愛知県 01月24日(木) (P070,071)
  • 0件のコメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。