2018年11月14日(水) 05:53 JST

日本の島再発見(P008)  09月05日(水)

  • 投稿者:
  • 表示回数 2,343
日本の島再発見  六十島々巡り-島は人を癒す  石垣市長 大濱  長照

かねがね敬愛してやまない池内嘉正氏がめでたく還暦を迎えられ、
この記念すべき人生の節目に日本列島縦断島々六十を踏破されました。

南は石垣島から北の奥尻島、そして六十番目は瀬戸内海の伊予大島。
この六十島巡りは池内氏の快挙であり、もって鉄人池内と称えられ心から拍手を贈ります。

また殆んど旅程は令夫人を伴う行脚となり、
花も嵐もともにしてこられた還暦までの人生をふり返りながらの思いを旅と重ね、
これからの人生を展望する二人三脚の道中であったことでしょう。


旅は人にとって本能的欲求と言われ、人は生ある限り旅を求めてやみません。
日常の平凡な生活環境を旅は一変させ、旅の空間に自己を置き、
己への凝視と思惟を旅はもたらします。

今日、ゆとりの乏しい現代人にとってまさに旅こそ自分自身の新たな発見をもたらす好機となるものです。


島は人の心を癒すと言われます。
素朴な島の人々、その人情、豊かな汚れなき自然、島々の歴史や文化、どれもが人の心を癒します。
池内氏の島巡りはそれぞれ六十の島々に宿る人の心を癒してくれるやすらぎを読者へもたらし、
その島へ読者を誘惑してやまないことでしょう。


石垣島に執着し、全国六十の島々でやすらぎを得た池内氏が子供たちを自らの未来と称し、
ジュニアゴルフ指導育成へいよいよ情熱をなお注がれご活躍されますよう石垣島にて心から祈念いたします。

大濱 長照氏(前列左)
六十島々巡り-島は人を癒す  石垣市長 大濱  長照