2018年9月20日(木) 01:21 JST

日本の島再発見 福江島_長崎県 04月18日(金) (P092,093)

  • 投稿者:
  • 表示回数 2,589
日本の島再発見 離島60めぐり---第38訪島(5)

 福江島(ふくえじま) 

五島列島_長崎県  夕食は郷土料理の店。
『か乃う』は「カットッポ」(ハコフグのみそ焼き)の元祖。

秋が旬のハコフグの内蔵を取り出し、それに玉ねぎ、みそ、ショウガで味付けした具を詰めなおして焼いた、まさに珍味。

みそとほぐした身を混ぜ合わせながら食べる。
一心不乱に「おいしい、オイシイ」と夫婦で夢中になったほど。


きびなごの刺し身はふっくらと甘い味が酢味噌にマッチして抜群。
タイ、ヒラマサ、ハガツオ、アオリイカなども五島ならではの美味さ。

日本の島再発見_長崎県_五島列島_福江島_キビナゴ郷土料理(か乃う)
キビナゴ郷土料理(か乃う)

初めて出会う食材にはついついハシの方からお出迎えだ。


この『離島の旅』の連載を始めてから我が小鉄の顔がふっくらしてきた。
ダイエットが必要になってきた…と心配するほど。

それだけ母なる“海の恵み”に大いなる感謝をしつつ一句。

『腹に具を 器となりぬ カットッポ』