2018年7月19日(木) 09:05 JST

日本の島再発見 壱岐島_長崎県 05月09日(金) (P098,099)

  • 投稿者:
  • 表示回数 2,706
日本の島再発見 離島60めぐり---第41訪島(3)

 壱岐島(いきじま) 日本の島島再発見_長崎県_壱岐島_花(イラスト) 

長崎県  島には蔵元が7軒。
大阪の物産展に出展た『壱岐の華』の蔵を見学。


米1トン、大麦2トンから25度の米麦焼酎が3000本(1・8リットルビン)出来る。
スペイン産のホワイトオークの樽に寝かせた「8年もの(28度)」はまろやかなコクと旨みがあり、試飲した小鉄は「喉越しがいいから女性にもやさしいワ…」という。

今年で創業百年の記念酒「初代嘉助」(1・8リットル5千円)を買った。
この琥珀色のにくいヤツで酒好きの友人の舌を驚かせてやりたい…。


芦辺町の海中にある6体の「はらほげ地蔵」。
赤い帽子と前掛けが目をひく。

満潮時には身体半分が海水につかる。
はらほげとは、腹の部分に丸い穴があいているのでそう呼ぶ。

海女の守り神でもあり、見ているだけで愛嬌があり、御利益もありそうだ。

日本の島再発見_長崎県_壱岐島_はらほげ地蔵--海女の守り神
はらほげ地蔵――海女の守り神