2018年7月19日(木) 08:46 JST

日本の島再発見 壱岐島_長崎県 05月10日(土) (P098,099)

  • 投稿者:
  • 表示回数 2,310
日本の島再発見 離島60めぐり---第41訪島(4)

 壱岐島(いきじま) 日本の島島再発見_長崎県_壱岐島_花(イラスト) 

長崎県  宿は郷ノ浦にある「西岡屋旅館」。
奥さんがとても感じが良く、サービス満点のおススメの宿。


夕食は『金鱗(きんりん)』その看板にある「手作り珍味」にそそられた。


サシミはピクピクと元気なアコウとカンパチ。
黙って食べて思わず「ウン!」と頷く。

サワラのみそ漬け焼きはなかなかのもの。
アカメフグの空揚げ、身もしっかりと食べごたえある逸品。


蒸しアワビにバフンウニ。
ソースのウニみそと見事な味のハーモニー。

それにアワビのキモの塩辛…酒はもちろん“壱岐の華”とくればもう贅の極み。

日本の島再発見_長崎県_壱岐島_あわびと生ウニ(金鱗)
あわびと生ウニ(金鱗)

「冬は寒ブリと3月頃には10キロ級のヒラメ。これがまた旨いんです」と店の主人・佐野明さん(51)島の魚の話しに花が咲き、楽しいひとときだった。


遠く紀元前2200年より、これからも続く日本の歴史に感慨もひとしお…。


『一支(イキ)の国 古代の遺跡 壱岐の島』