冒険旅行記 地球の島めぐり 旅の鉄人 鉄人60 池内嘉正

THE WORLD ISLAND EXPEDITION  China 地球的島巡遊  South Korea.jpg 지구의 섬순방



アクセスカウンター

メディアギャラリー

サイトカレンダ

« 2017年 10月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ログイン

ログイン

離島旅を振り返って―対談

「離島旅を振り返って・・・」

対談―――――鉄人(池内嘉正)・小鉄(池内ミドリ)

小鉄 どの島も本当に奇麗だったけれど、私 が一番印象に残ったのは「父島」の海だったワ。 とにかく海の色が全然ちがってた。
鉄人 東京から千キロも離れているところやからゴミ一つない。海もまず無色透明-コバルト ブルー空の色-紺碧-深みのある美しさ…と何段階にも見事に変化していたなぁ。
小鉄 海外でいうとエーゲ海に近い? でも私は父島の海がNO1やワ。エーゲ海のはエメラ ルドグリーン。こちらは白砂があり、そこから 何層にも色が変化して…。
鉄人 ウン、あの良さは行ってみんとわからん。ゾクゾクするぐらいやったけど…。
小鉄 屋久島の自然も、とても神秘的。現世とは違う…という感じ。
鉄人 そやったナ。奄美群島は1回も沈まん かった。そやから4千年もある屋久杉が荘厳な感じで残ったんや。苔もなみの苔とは違う。
小鉄 シーンとして音もしないし、観光客もほとんどいない。私たち二人だけが自然の中 に包み込まれていく…。写真をせっせと撮って、帰ってから見ても、あの現地の鬱蒼としている感じは写真では伝えられないわネ。
鉄人 行って、聞いて、見て…や。いわゆるセッ トになったツアーは便利やが、パターン化して いる。その点、我々の旅は下調べや事前の連絡、手配が手間ヒマをかけるが、その分だけハプニングというやつがあって「これは何?」という“楽しみ” がある。そうそう、グリーン ペペ(光るキノコ=母島)も幻想的やったが、おまえはダウンして父島に残って見られへんかったんやネ残念ながら。
小鉄 私は利尻島の、利尻富士が見守っているような感じのサイクリングロードも良かった…。あのさわやかさもすごく印象に残っているワ…
鉄人 あの島は高校時代の 卓球部の仲間夫婦と一緒やったナ。サイクリングは朝、船の出発までの時間に急に思いついて「行こう!」となった。姫沼までみんな若返ってルンルンや。ここ 40 年間で味わったことの無い爽快なサイクリングやった。でも、僕は礼文島がすきやね、高山植物の可憐な花々が絶壁にしがみつくように咲いているのがいい。それにウニのうまいこと。「ウニギリ」は絶品やった…。もう一回、あのバフンウニのどんぶりを食べたい! と思うね。それで僕は礼 文「党」や!(笑い)
小鉄 ここだけやわネ、夫婦で利尻と礼文で意見が別れたのは…。おいしかった! といえば、私が印象に残るのは福江島のハコフグのみそ焼き(カットッポ)かナ。それに粟島の民宿のお造り、わっぱ煮。ご主人の工夫が料理にいきていたワ。ま、どの島もお造りは美味しかったけれども…。
鉄人 神津島の「タカベの背ごし」もうまかった。それにクサヤ。ほんまもんのクサヤの味、これはおつなもんやったナ、やっぱり、なんでも“地元”で食べるもんやなぁ。
小鉄 私はクサヤはそれほどでもないワ…おいしかったけどネ(笑い)
鉄人 篠島の「あなご寿司」日間賀島の「かしき料理」の伊勢エビの宝楽焼きも美味かった…。平戸島の「しめサバ」。このサバのサバより旨いサバはなし…と一句詠んだほどのサバやったナ。
小鉄 最後の伊予大島の民宿「とも」で食べたメバルの煮付けも…。
鉄人 あんなメバルにはちょっとお目にかからんなぁ。しかし、離島は海の幸に恵まれているとはいえ、いきあたりばったりで「美味しい もの」に巡り合うわけはないわナ。
小鉄 あなたのおいしいお店選びの“嗅覚”のポイントって何?
鉄人 そやな
まず案内書で調べる。
現地の人に聞く。「この店とこの店とどっちがいいですか?」と。
宿泊先でも聞く。(宿によっては夕食抜きを嫌がるところがあるから、ちゃんと夕食は外でという希望を伝えて予約すること)
その宿で聞いた店と、自分が調べておいた店が同じなら、まずドンピシャ。
それが違っていたら、ねらいを定めた店を昼の間にリサーチする。
イメージ通りの“店構え”だったら、まずまちがいなかったナ。
=あんまり大きくない店(大きな店は定食的なものがある)
=カウンターがあり小机があり、おやじさんが自分で調理をやっていそうな店。
=会話が出来そうな店であること。
=豪華すぎないことかな。それに“食いいじ”がはっていることや…。そのために昼は軽くウドンだけとか…がまんせにゃあ!
小鉄 :池内ミドリ
鉄人:池内嘉正
小鉄 :池内ミドリ
鉄人:池内嘉正
小鉄 今度の旅で、あなたが残念がってのは鷹島の…。
鉄人 そや、養殖のトラフグ料理が有名で、たまたま店が定休日でお目にかかれんかったなぁトラフグ様に(笑い)。あれは残念やった。
小鉄 入ってみて、想像した以上に店の雰囲気がものすごく良くて、おやじさんが一生懸命だったのが因島の炉端焼き「伊呂里」でしたネ。
鉄人 ウン、あれはトクした気分やったナ。おいおい、ところでかんじんなのを忘れてるデ。石垣島の『石垣亭』のトンカツ。ロイヤル・ホテルでの『完島記念パーティ』でも出店してもろたらアッという間に“売り切れ”になったほどに美味かったもんナ。ほかにもうまいもんはいっぱいあるけど…。ところで、その他に印象に残ってるのは…どこや? 僕は伊豆諸島の神津島、式根島のいろいろな露天風呂のあじわいが心に残ってるワ。
小鉄 私は「日本最南端」の波照間島の南十字星の美しさ。ニシ浜ビーチの海もきれい。映画『紅の豚』 の最初と最後のシーンの浜辺みたいな感じで…。
鉄人 袖触れ合うも多少の縁…というけれど、島での“人情”もうれしかった。旅をしたあとに群発地震が襲った伊豆諸島の人々、今でも顔が浮かんで胸が痛むわ。
小鉄 車が故障して、いきづりの島の人がもくもくと修繕してくれたり、それぞれの島で親切にされて…素朴な地元のお年よりとすっかり仲良くなったり…今思い出しても、熱いものがこみあげてくるワ…。日間賀島の旅館の若女将さん。けなげに、てきぱきと行き届いていて、歳を聞いたら娘と同じぐらいでびっくりしたり…。素晴らしい人も多かったワ。あげたらきりがないほど、いろんな人の人情とやさしさに支えられたことが、この旅の一番の“収穫”やったんと違う? それと、いいお天気に恵まれたのも、旅を楽しめてよかったワ。
鉄人 そやなぁ…。もう一つの収穫は…二人で島巡りをしたこっちゃ。最初にこの『六十歳で 60 の離島めぐり』を思いついた時は“一人でゴルフバッグかついで、ノンビリといこか…”という不埒な考えやったヨ。それが、一人で風呂に入り歌っても、うまいもん食うても、これが感動せんのや(笑い)。それで、おまえが一緒なのがやっぱりよかったワ…。
小鉄 私は内心は“半分の 30 島ぐらいは付き合うけど…”とシブシブのつもりが、最後は“ついていってよかった!”とシミジミ思った。ただ、ひたすら、美しい景色、おいしいものを食べて …だけやない、豊島のダイオキシン、家島の削られた山の姿も見て感じることも多かったし …。
鉄人 最後の 60 島目の伊予大島の『島四国』 お遍路行はエエ体験やったし、もう一度いきたい。いや、どの島も、そこで巡り合った人々にも“もう一度会いたい”と思うナ。「旅先で出 会った人は一生忘れない」というけどホンマやな。あらためて「自然の美しさ」に恵まれたこの"うまし国"に感謝や・・・。

■対談――鉄人(池内嘉正)・小鉄(池内ミドリ)


最終更新日: 2008年9月10日(水) 10:48 JST; 6,586 閲覧件数 印刷用画面


List of trips around the islands

メディアギャラリー

モーリシャス共和国 モーリシャス島
モーリシャス共和国 モーリシャス島
アルバムを見る

Yoshimasa Ikeuchi

旅の鉄人 池内嘉正

::プロフィール
1939年生まれ
大阪出身。

ゴルフ歴52年 2014年6月 右足人工股関節手術後エージシュートにチャレンジ
2016年8月12日エージシュート達成 術後2年と33日目 
ゴルフ場 北海道 グレート旭川カントリー倶楽部 スコア74(37・37) 年齢76歳と11ヶ月

詳しいプロフィールはこちら

現在、
フリーの経営カウンセラー。

日本ゴルフジャーナリスト協会会員

ライムグリーンリボンキャンペーン
ライムグリーンリボンキャンペーンに賛同しています。

希望のリング

希望のリング_希望のリングは「東日本大震災」復興を応援しています。_作者:伊藤嘉英_総合プロデューサー:池内嘉正

風の旅人 三田りょうを、旅の鉄人池内嘉正が応援

風の旅人 三田りょう

2000年「哀愁フェリー」、2006年「佐渡航路」で日本有線大賞有線音楽賞を受賞。

2008年 悪性リンパ腫を発症。復帰後は悪性リンパ腫の啓蒙の「ライムグリーン・リボン」支援活動を始め、現在も続けている。2013年 キルギス共和国22周年独立記念コンサートで観客約5万人を前に「風の旅人」を発表をし歓声を浴び、キルギスの情報文化大臣から感謝状が贈られた。