2019年10月24日(木) 13:17 JST

ギリシャ共和国 エギナ島_プロローグ

  • 投稿者:
  • 表示回数 3,476
ギリシャ共和国 サロニコス諸島 エギナ島(32島目) Aegina Island  

クルーズで帰る人で港はいっぱい

エギナ港

観光馬車・30分3000円

港の前

魚市場

一袋500円~1500円

ピスタッチオの実・収穫は8月

ピスタッチオの木

ピスタッチオ

港の西側のコスネゲルシアス広場には
観光馬車やバス・タクシーの乗り場が集まっている

アテネから近いと言うこともあって
10
月でも結構観光客が訪れているのに
ホテルでは宿泊客は我々2人の貸切り状態

どの部屋でも好きな部屋を使ってくれと……

魚市場には今、海から上ったばかりの
小魚やイカ・タコ・手長海老が山と盛られている

タコなどはすぐ前の港で獲れるほどである
初めて見る貝など種々雑多な魚が
売台の上で客待ちをしている

港通りの一本奥へ入ったイロティ通りの
タベルナでは昼から酒盛りが始まっている

店先の炭火で焼かれる「タコ」で
一杯やっている客を見て、早々に腹の虫が騒ぎ出した

「こりゃ旨いもんが食べれまっせ!」

1827年ギリシャの独立戦争後に
最初の首都が置かれたこの島は
ピスタッチオの産地としても有名である

港に面した通りはタベルナ(食堂)やカフェが軒並べ、
オフシーズンだと言うのに客の入りは良い

キオスクやピスタッチオを売る土産物屋は
フェリーが着くと客が群がるほどの賑わい

夕方の5時~6
乗船場は一日クルーズの客でごった返している

日本語・韓国語・中国語が飛び交い
ピスタッチオの袋を両手いっぱいに
抱えた港の風景は活気がある

next
top

プロローグ