2018年8月19日(日) 18:35 JST

ギリシャ共和国 エギナ島_グリースの歴史

  • 投稿者:
  • 表示回数 2,674
ギリシャ共和国 サロニコス諸島 エギナ島(32島目) Aegina Island  

平和の祭典オリンピック

第一回の
1896年のアテネ大会から
2004年のアテネ大会までに
三回も戦争により中止された

1916年、第一次世界大戦中のベルリン大会
1940年、日中戦争で東京が返上し

代替のヘルシンキもソ連侵攻により中止

1944年、第二次世界大戦の
ロンドン大会も中止されている

ギリシャと言えばオリンピック

1996年の100周年に開催誘致を
アトランタに敗れた現因は
交通網の悪さにあったらしい

2001年には新空港がオープン

近代的な空港出発ロビーには
エアーポート・ミュージアムがあり
新石器時代からの出土品が展示されているのは
ギリシャらしくて驚いた

ギリシャを英語では通称「グリース」と言う

ギリシャと言う名は
この英語がなまった日本独特の俗称である

現地では「ギリシャ」では通用しまへん
アテネはアシナ、覚えておかんと恥かきまっせ

外来語の中にもエピソード・エネルギー
ドラマ・エコロジーなど

何となく使っている単語がギリシャ語とは
知りまへんでした

21世紀の最初の大会がこのアテネで開かれ
2008年は北京に決定している

世界平和が無ければ四年に一度の
人類の平和の祭典も存続できない

ギリシャには数々の世界遺産があるが
戦争の為、破壊されたが現在では修復されてはいる

4000年の神話と伝説の歴史は
アクロポリスが今も見守っている
top
next

グリースの歴史