冒険旅行記 地球の島めぐり 旅の鉄人 鉄人60 池内嘉正

THE WORLD ISLAND EXPEDITION  China 地球的島巡遊  South Korea.jpg 지구의 섬순방



アクセスカウンター

メディアギャラリー

サイトカレンダ

« 2017年 06月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ログイン

ログイン

カナダ プリンスエドワード島_ミュージカル

  • 2007年6月20日(水) 16:34 JST
  • 投稿者:
    tetujin60
  • 閲覧件数
    2,819
カナダ プリンスエドワード島(19島目) Prince Edward Island
 

カナダのミートボール

ルーシーモード・モンゴメリ

アンに良く似た女の子

劇 場

観客は色とりどり。
ショートパンツにジャンバー
ジーパンにセーターに運動靴。

カジュアルな服装が多い中、
背広に身を包んだ日本の紳士が一人。

ピカピカの革靴も雨でびしょ濡れだ。
異色の観客は我が友人である。

小鉄(女房)たちは日本で、
映画に小説と筋書きを熟知している

英語のミュージカルも理解出来るらしく、
真剣な眼差しで楽しんでいる

公演は6月上旬ー9月下旬まで
(入場料$30-60)
で昼の2時と夜は8時から。

アヴォンリー村での生活を夢見る孤児の女の子
「アン・シャリー」の物語は、

リズミカルなテンポで舞台いっぱい歌い、
踊り飛び跳ねる。見事な演出だ。

120年前ルーシーモード・モンゴメリ
(1874-1942)

が描いた「赤毛のアン」は、
40年近くもロングランを続けているミュージカルである。

アンの世界を夢見て、
大阪から友人の大崎夫婦の四人連れで観賞した。


「背広の紳士」は早くも下を向いて、
両瞼は閉じたまま。

私も睡魔と空腹の観賞
(休憩15分)は正直言って疲れた

フィナーレは「午後11時」
感動の涙が4人の頬を濡らし、
惜しみない拍手の中、幕は下りた。

「あ~ぁ腹が空いた」・・・
夕食は深夜を過ぎて、
ホテル到着は午前様。

next
top

ミュージカル

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://www.tetujin60.com/trackback.php/3PrinceEdward
  • カナダ プリンスエドワード島_ミュージカル
  • 0件のコメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

コメントは投稿者の責任においてなされるものであり,サイト管理者は責任を負いません。