2018年9月21日(金) 21:00 JST

ミクロネシア連邦 コスラエ_マングローブ

  • 投稿者:
  • 表示回数 2,760
ミクロネシア連邦 コスラエ(12島目) mikuronesia kosrae   
next
top

アモニス君と筆者

代を感じる「オオイ」の大木にコケが宿り、

鳥の声が木々にこだまし“リン”とした
静寂を肌で感じる

ホテルの裏にはマングローブ樹林があり、

黄色のボートが目に付く。“交渉成立”

ボートはゆっくりと進み、沖縄・西表の仲間川のよう。

奥へと進むと川幅も狭くなり、

こぼれ日にマングローブの葉がキラキラと輝く。

島の大自然を満喫するにはマングローブの中をカヌーで…とある。

迎えのオヤジが船乗り場へ案内。
なんだか頼りなさそう。

木彫りのカヌーに6馬力のエンジン。大丈夫かいな。

船の先端に腰を下ろし100mも行かないうちに大きな波。

木の葉のように揺れ、いつ転覆するか分からない。

「カムバック」「カムバック」
やっと港に着いてツアーをキャンセル

潮の満ち干で水面の高さが変る。

ジャングルが天蓋のように覆ってその下の川を行く。

鳥たちは木の上に巣を作り、
めったに人間も近寄れない聖域だ。

“これやがな” 想像以上の感動に小鉄も絶句!

早朝はもっと神秘的だよ…とアモニス君(ホテルスタッフ)。

帰るまでにもう一度チャレンジしよう。

マングローブ