2018年11月13日(火) 11:15 JST

イタリア共和国 レヴァンツォ島_トンノ(マグロ)

  • 投稿者:
  • 表示回数 3,016
イタリア共和国 レヴァンツォ島(29島目) Levanzo Island  

手前がボッタルガ

マグロの片身と小鉄

トラーパニの市場

漁労長と私

まぐろのフリッタ

ファヴィニャーナ島の漁労長の
r、ジョアッキーノ・カタルド
2メートルを越す大男である。

10年ほど前の「マッタンツァ」
古式マグロ漁
では500k
マグロ
を引き上げた…と誇らしげに語ってくれた。

その昔800キロマグロ
揚げた時もあったとか…。

マグロの卵は一匹から
最高
800万個の卵を産む。

卵は塩の流れに乗って運ばれていくが
イワシの餌食となり激減する。

生き延びた卵は稚魚となり

3
ヶ月後で500
に成長する。

2年後には10K14でやっと200Kに成長する。
運良く誰にもつかまらず生き延びれば
全長4超、
重さ
600にもなるらしい。

ボッタルガの製法は
3
日おきに塩を取替え、
水分を抜くまで
15日間。

さらに
15日間、
日陰と日向の風通しの良い場所を往復。

やっとデッカイボッタルガ(カラスミ)の出来上がり。

今夜はマグロステーキにでもするか。

赤身と違いまっせ、
舌の上に乗せるとジュウシーな旨みがジワッと広がる。

これは「トロやで」

小鉄と取り合うこの地ならでの天下の逸品、
冷えた白ワインバッチグーですわ!

next
top

トンノ(まぐろ)