2018年11月13日(火) 14:35 JST

フィジー諸島共和国 マナ島_フィッシング

  • 投稿者:
  • 表示回数 3,482
フィジー諸島共和国 マナ島(13島目) mana island   
next
top

ジェリーとジョペロ

平アジを釣り上げた

左ジェリー・小鉄・ジョペロ

チャーターのボート

ジェリー

ジェリー・ジョペロ

何人乗っても料金は同じ。兄弟と小鉄とキャプテンの5人。
島々を回りながらのトローリングシュノーケル

一日でこれだけ出来るのはチャーターの特権。

次はあの島、次はアッチと好きにスケジュールが立てられる。

 ついに魚の姿を見ることが出来なかった。

ボートの上では、兄弟の息もぴったりのハーモニーに聞きほれ、
魚のことなどすっかり忘れてしまった。

南太平洋の海に抱かれて遠くの島々を眺めている。

ホテルで働くジェリー(21)とジョペロ(20)の兄弟は、
シンガー兼清掃係。定期船が港に着くと、
歓迎の歌でお出迎え。

夜はレストランでギターとボーカル、
毎朝夜明け前からサウスビーチフイッシングと元気。

 若者に負けずと、4時半起床で仲間入り。

いつしか親しくなり、一緒にトローリングにチャレンジ。
ボートはチャーター

フイジーの数ある島の中で、
マナ島を選んだのは間違いではなかった。

 旅の面白さはツアー任せにせず、
仲間を作り行動を共にすれば、新しい発見がいっぱいある。

時には冒険心を出し旅の再発見にチャレンジすれば

ひと味もふた味も違うオリジナルの旅が出来る。

フイッシング