2018年7月18日(水) 06:20 JST

キリバス共和国 クリスマス島_流星群

  • 投稿者:
  • 表示回数 3,852
キリバス共和国 クリスマス島(9島目) Republic of Kiribati Christmas Island   
next
top
ドライバー 

夜空を見上げる小鉄

ボーンフィッシュ

張網漁法

二度と出会えない偶然こそが旅の醍醐味だ。

通りがかった我々のドライバーに大きいのを2匹持って行けとのおおらかさ……

島内観光のトラック

旅は何もないところに何かがある、

それを求めて旅を続ける。

島の南東の端まで1時間少々、
行きかう車も何もない。

一時間ほどで4ツ数えた至福のひと時を朝日が昇るまで海岸で過ごす。

寄せては返す波の調べに心が安らぐ

星空はいつの間にか太陽に消され鳥が飛び立ち

新しいページが開かれた。

午前4時「流星群」が見られるとの情報で浜辺へ
(歩いて1分)

すでにアレンは砂浜にバスタオルと枕を持ち出し寝転んで
スタンバイ。

眠たい目をこすりながら夜空を眺める。

月の光が邪魔になるほどの満月。

「アッ」と星が流れた。

ひたすら「流星」を待つロマンチックな旅人

それぞれの思いを胸に流れ星を……。

誰もいないはずの海岸に人影が三人、

網で魚とりをしている。

猫のように獲物を狙い忍び足で魚を見つけるや
サッと網を張る素早さ。

逃げる魚は小石を投げてせき止める。

神ワザに近い漁法。

見ている間に15~6匹がズタ袋へ、

幻のボーンフィッシュもカメラに収めることが出来た。

流星群