冒険旅行記 地球の島めぐり 旅の鉄人 鉄人60 池内嘉正

THE WORLD ISLAND EXPEDITION  China 地球的島巡遊  South Korea.jpg 지구의 섬순방



アクセスカウンター

メディアギャラリー

サイトカレンダ

« 2017年 04月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ログイン

ログイン

イギリス アイラ島_町の中心『ボウモア』

  • 2008年11月19日(水) 10:50 JST
  • 投稿者:
    tetujin60
  • 閲覧件数
    3,444
イギリス アイラ島(57島目)

ドイツへ出発する冨塚君

ロッホサイドのBAR

鰊のバター焼き

ポークチャップ

ハ ギ ス

冨塚直也の宿泊テントと小鉄

ボウモア蒸留所

クルスティーン・ローガンと小鉄

キッチン

リビング

宿泊先の一軒家

地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島

ボウモアのスライドショー

地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島_冨塚直也の宿泊テントと小鉄
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
地球の島めぐり_イギリス_アイラ島
縁あってレストランで食事を共にした 

半年間でレストランは
2回目と感激する

冨塚君はスコットランド名物

『ハギス』を注文
(マトン・羊の肉のミンチの腸詰め)

大盛りのマッシュポテトが盛られている

鰊のバター焼き 

ポークチャップ
(皮付き豚はオイリーだが味はいい)

費用の方も気になるが

ドイツで新薬実験のテストに協力をすれば700ユーロ(約10万円)の収入がある

「ヘエ~そんな仕事があるのか?」旅先では多くの人のお世話になっているとしみじみと話し出す それも国によって違い、先進国の町中での対応は厳しい

それでも何とかやっとここまで来た…と 人生何とかなるものだ!

観光案内所前に大きなリックを預けたままの島の探索

夕方に再会し、テントを見に行く 見晴らしのいい高台にある公園 
芝が一面にありテーブルにベンチと絶好のキャンプ地

「夜は寒いやろ」

『寝袋がありますから大丈夫です』

すでに半年間、世界中をバックパッカ-の旅の途中 あと半年間は続けたいと大きな夢を語る 私にはとてもそれほどの冒険心はない
見学ツアーが終わりレセプションに戻ると日本人の
「冨塚直也」(
21)と出会う
たった今、島に着いたらしい 4日間の滞在で急いで全部の蒸留所を回りたいと…それも移動はバスとヒッチハイクである 若い人のバイタリティは凄い

「ホテルは?」


「テントです」
「何処の?」

「まだ決めていません

この島を代表する蒸留所は1994年にサントリーが
買収した
しかし日本人の影も姿も見えない 創業は1779年 230年の間製法工程である手作りの伝統を守り継がれている

町のメインストリートの南端にあるラウンドチャーチのすぐそば スーパーも観光案内所も歩いて数分 町の中心にある『ボウモア蒸留所』をブラッと覗いてみたちょうど10時前10時から無料のガイド付き見学ツアーに飛び入り参加 私たち二人だけの貸切

旅行業を営むクリスティーン・ローガン

の紹介である ネットの世界では何処で

受信返信しているのか解らない 

全ての日本語のアシストは東京で…

それも無料でサポートしてくれるから有難い

に来るまではウイスキーとは無縁であった むしろ焼酎や泡盛を好んで愛飲していた

インターネットで検索、町の中心の一軒家を1週間借りる事が出来たのは幸運だった

広いリビングにキッチン、大きなシャワールームにベッドルーム。調味料に調理器具と全部お揃いだ

大阪の我が家より住みやすい部屋が破格の家賃
1週間)£30060000

町の中心『ボウモア』Bowmore

久し振りのゲストとの夕食は
賑う

アイラのウイスキーと共に味わうスコットランド料理 

特に島で味わう逸品は海の香り

とアイラモルトが食欲をそそる

笑い声は夜遅くまで続いた
次回


は私の手料理でアイラの我が家で…と約束をしてグッドナイト

彼はテントへと…

top
next